スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月23日~パブリックコメント~


香太ママは


愛玩動物飼養管理士


の資格をもっています。

2級ですけどね…


動物愛護管理法については 試験前に勉強しましたが

その時は 法律云々より

ギリシアの哲学者 アリストテレスが

「動物は理性がないから人間に利用されるために存在する。」

とのたまい

続いて近代哲学者のデカルトが

「動物は自動機械である」

と言った…こっちのほうが衝撃的で 悲しく

18世紀になって ようやくイギリスの哲学者ジェレミー・ベンサムが

「幸福とは精神的、肉体的な痛みや苦しみのない状態である。
 動物も痛みや苦しみを感じることができるのだから、私たちは
 正しくあろうとするならば、動物が痛みや苦しみを受けないように
 しなければならない。それが私たちの道徳的義務である。そして動物は
 痛みや苦しみを受けないように法律で守られなくてはならない」

と説いてくれたことで試験勉強中 

勝手にショックを受けて勝手に救われてました。

話がそれましたが

正式には「動物の愛護及び管理に関する法律」といい

内容的には

基本的な考え方について
全ての国民による対応について
動物を飼育する一般飼い主の責任について
動物取扱いを業とする物の責任について
行政の役割について
行政と民間の協力体制について
違反の抑止について

などです。

平成11年から 5年に一度の見直しが行われることになりました。

今年 5年に一度の法改正の時期であり

動物取扱業の適正化について パブリックコメントを

環境省が求めているのです。



ちょうど 昨日のセミナーで

ある方からパブリックコメントの同意をお願いされたのだけど

意見を書いてある用紙をよく読むと 私の意見とは反対でしたので

そっとスルーさせてもらいました。

自分の意見は パブリックコメントとして

送りました。


簡単にクリックしてパブリックコメントできるところを見つけたので

のせておきます

パブリックコメント


ただこれは 改正案に賛成派の方向けのようです

そして よく読むと ここまで細かく規制しちゃうと

この案が通った時に ブリーダー崩壊が全国でおこり

行き場を失うわんにゃんたちは どれだけだろうか

一時的かもしれないけれど、

ちょうじりを合わせるために 放棄されるわんにゃんたちを

きちんと救えるのか

それがとっても心配です。

同時にペット業界で10数万人が失業するかもと言われているそうです


ペットショップで働いていたことがあるので

ショップ側の意見も分かりますが

この法律は動物たちのための法律です。

私は今の自分の意見をコメントしました。



いろいろな意見がある法改正ですが

ペットの現状を変える5年に1回のチャンスです。

どうしてもこれだけは!

ていうのだけでもいいので パブリックコメント していきましょう~。


締め切りは 8月27日(土)ですよ!
スポンサーサイト
プロフィール

香太ママ

Author:香太ママ
~香太~2009.12.01生まれ 男の子
犬種 ボーダーコリー
毛色 ブルーマール
東京在住
香太ママはアニマルコミュニケーターでプレイズタッチインストラクターです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いくつになった?
script*KT*
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンクの設定
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。